Homebrew-versionsで特定バージョン指定してインストールする

最新版ではないバージョンのパッケージをインストールする時に使うhomebrewのversionsコマンド(brew-versions)がアンサポートになり、コマンドが削除されるようなのでHomebrew-versionsを使ってみました。

“Homebrew-versionsで特定バージョン指定してインストールする”の続きを読む

MacでLaTeX – TeXShopで日本語が使える最小構成の環境をつくる

新しいMacbookAirを手に入れて久しぶりに新しくTeX環境を整備する機会ができました。
今までと同じMacTeXでインストールする方法だと自分ではあまり必要ないファイルもインストールされるため、多くのディスク容量が取られてしまいます。空き容量に余裕のないMacbookAirだとちょっと厳しいと感じていました。できるだけ最小構成で日本語とTeXShopの使える環境を構築してみました。

構成

MacでTeXShopを使い、日本語のPDFを出力する環境を作るための手順です。

今回はMacTeXを使わずにそのサブセットであるBasicTeXを使います。
BasicTeXはMacTeX(TeX Live)の中から基本的なパッケージだけになり、ダウンロードするファイルは100MB以下です。
日本語を使う環境をそろえると最終的には700MB程度になってしまいますが、標準のMacTeXに比べると半分以下になります。

インストールにはターミナルを多用し、OSはMacOSX Mavericksで試しています。

“MacでLaTeX – TeXShopで日本語が使える最小構成の環境をつくる”の続きを読む

MacでLaTeX – TeXShopとMacTeX2011編

追記:2013年向けのLaTeX環境構築の記事を書きました
MacでLaTeX – TeXShopで日本語が使える最小構成の環境をつくる

以前書いたMacでLaTeXを使うための記事が古くなり、同じでは正しく動かなくなったので更新記事を書きました。 基本的に以前の記事と流れは同じです。 では、Macで簡単にLaTeXを使えるTeXShopとMacTeX2011の組み合わせで動作させるまでです。 “MacでLaTeX – TeXShopとMacTeX2011編”の続きを読む

stunnelを使ってsynergyを暗号化して安全に使う

複数のマシンでキーボード・マウス・クリップボードが共有でき、すごく便利なsynergyですが、通信は暗号化されていないため、職場などではパスワードなどの入力が通常経路を流れるのが気になります。そこで暗号化に対応していない通信経路をまるごと暗号化するstunnelを利用してみました。

“stunnelを使ってsynergyを暗号化して安全に使う”の続きを読む

node.jsを試してみた

いささか時期を逃した感がありますが、サーバサイドJavaScriptであるnode.jsを試してみた。

node.jsはGoogleのJavascriptエンジンのV8を利用し、Non Blocking I/O環境を実装したもので、速度も速く言語的にもイベントドリブンなど実装しやすいのが特徴。

早速インストールから。 “node.jsを試してみた”の続きを読む

Macで簡単TeX導入 – TeXShop

追記:2013年向けのLaTeX環境構築の記事を書きました
MacでLaTeX – TeXShopで日本語が使える最小構成の環境をつくる
追記:MacTeX2011との組み合わせだと正しく動かないようです。修正記事を書きました。
MacでLaTeX – TeXShopとMacTeX2011編

論文や形式だった文章を書くには必須のLaTeX。

MS Wordを使う人が多いけれど文献やら図表やらの管理・番号・リンクを考えると断然TeXが良いわけです。

と言うわけで、Macで簡単にTeXを使えるTeXShopを動作させるまでをまとめました。

“Macで簡単TeX導入 – TeXShop”の続きを読む

jrubyからneticaを使う方法

ベイジアンネットワークでモデル構築できるneticaをjruby上から使う方法まとめました。

ruby用のバインディングを書けばいいのですが、そこまでではないのでjrubyを利用して、rubyコード上でneticaJを呼び出しneticaを利用します。
そもそもneticaをjruby上で利用するなんて奇特な人はあまりいないと思いますが、自分周辺のための備忘録です。

自分の環境がMacOSなのでそれを中心的に書いていきます。 Windowsでも動作確認はしています。

必要なもの

jruby
これがなければ始まりません
neticaJ
neticaをJavaで使うためのライブラリ
webget_netica
neticaJを簡単に使うためのgemライブラリ

“jrubyからneticaを使う方法”の続きを読む

homebrewで快適Mac開発環境

開発で何かと必要なライブラリやソフトウェアを入れるときにパッケージシステムとしてMacPortsを使っていました。依存関係もきっちり解決して/opt/以下に別途入れてくれるなど、とても便利だったのです。

しかし、欠点としてMacにデフォルトに入っているプログラムも再度コンパイルしてしまうところがあり、使いたいプログラムがあったもインストールコマンドを打ってからしばらく放置する必要がありました。

そこで、できるだけMacにあるプログラムやライブラリを利用するパッケージシステムであるhomebrewを使ってみることしました。

“homebrewで快適Mac開発環境”の続きを読む

thunderbirdのwindowsからmacへの移行

MacOSXのMailの出来はかなり良かったのですが、windowsでの過去のメールのインポートの手軽さと操作感の違いを考慮してやっぱりthunderbirdにしました。

まずMozilla-Japanからthunderbirdをダウンロード。 dmgをダブルクリックしてマウント後、アプリケーションフォルダにドラッグアンドドロップ。これだけでインストール終了。 ここで一回起動する。もちろん何も設定しないので何も読み込まれません。そのまま終了させる。 次にwindowsからのデータを移行させます。

“thunderbirdのwindowsからmacへの移行”の続きを読む