知っていると便利なgitコマンド

git_command

gitでよく使う知っていると便利なコマンドをまとめました。

サブコマンド

コミット漏れをしてファイルを追加したい

普通にaddしてファイルを追加後にcommit –amendを行うと直前のコミットログが開くのでそのまま保存する。 コメントの修正もcommit –amendで出来ます。

git add <filename>
git commit --amend

addしたファイルを取り消したい

変更点をresetすることで取り消します

git reset HEAD <filename>

あるいは

git rm [-r] --cached <filename>

removeしたファイルを復活したい

上記のaddの取消と同じでremoveした変更点を元に戻して、checkoutで最新の状態のファイルを復活させます。 ただし、変更点をコミットしてない場合はコミット時点に戻ります。

git reset HEAD <filename>
git checkout <filename>

現時点の変更点を破棄したい

git chekcout <filename>

すべての変更を破棄したい場合は

git checkout -f

一時的に変更を待避したい

先にpullを取り込むために変更を取り込みたいなど現時点の変更点を待避したい場合

stashnameはなくてもOK

git stash <stashname>

待避した一覧を表示

git stash list

待避した変更点を適用

git stash pop

マージする前の状態に戻す

git reset --hard ORIG_HEAD

外部コマンド

tig

tigはログやdiffをCUIでわかりやすく表示してくれる外部コマンドです。

homebrewならコマンド一発でインストールできます。

brew install tig

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。