MacでLaTeX – TeXShopとMacTeX2011編

追記:2013年向けのLaTeX環境構築の記事を書きました
MacでLaTeX – TeXShopで日本語が使える最小構成の環境をつくる

以前書いたMacでLaTeXを使うための記事が古くなり、同じでは正しく動かなくなったので更新記事を書きました。 基本的に以前の記事と流れは同じです。 では、Macで簡単にLaTeXを使えるTeXShopとMacTeX2011の組み合わせで動作させるまでです。

インストール

以下のMacでTeXを使うには以下のソフトウェアをインストールします。

  • MacTeX-2011
  • TeXShop
  • UTF-8スクリプト

今回はLionで試していますが、以前のバージョンでも問題無いと思います。 文字コードはMac標準のUTF-8を使っています。

MacTex-2011

MacTeXは、LaTeXを動作させるの必要なソフトウェア一式をまとめてインストールしてくれます。
毎年MacTeXはアップデートされていて、パッケージ内容が更新されていきます。

今回使うのはMaxTex2011です。これ以外のバージョンでは意図した動作をしない可能性があります。
MacTeX – TeX Users GroupからMacTeX.mpkg.zipをダウンロードしてください。
ただし1.8GBあるので、注意してください。のんびり待ちましょう。
zip解凍後、パッケージ(MacTeX-2011.mpkg)をダブルクリックしてインストールを完了させてください。

TeXShop

TeXShop

TeXShopはMacTeXに含まれています。
しかし、最新バージョンではないのでアップデートが必要です。

Lion向けはver3、Snow Leopardまではver2になります。
Snow Leopardまでの人は最新版を使うためにアプリからアップデートが必要です。
Lionの人はVer3はアプリからアップデート出来ないので、ダウンロードしてから上書きが必要です。

Lion向けのインストール

TeXShopのLion向けのページから最新版をダウンロードします。ページ中程にTeXShop Latest Versionというリンクからダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、アプリケーションフォルダー内のTeXへ移動して、既存のTeXShopを上書きしてください。

インストールしたTeXShopをダブルクリックし、一度起動します。

Snow Leopardまで向けのアップデート

TeXShopを起動して、メニューからアップデートを選択してください。

最新版が存在する場合はダウンロードし始めるので、指示に従ってください。

UTF-8スクリプト

TeXShopでpTeXを使って日本語(UTF-8)を利用するにはいくつかファイルを追加・修正する必要があります。
そのためにzipファイルをダウンロードして、解凍してください。

解答して出来たファイルを~/Library/TeXShop/bin (ホーム>ライブラリ>TeXShop>bin)にコピーしてください。
Finderのメニュー「移動」の「フォルダへ移動」を選択し、表示されたダイアログに~/Library/TeXShop/binを入力して移動すると便利です。

更新されるファイルは、pTeXの呼び出し用スクリプトです。 UTF-8のエンコードに対応したファイルがTeXShopに含まれていないために追加する必要があります。またMacTeX2011にあわせたコマンドやPathの変更、pTeXのfmtオプション廃止にあわせた修正も含まれています。

設定

TeXShopの環境設定で基本的な設定とMacTeXでインストールした各種ツールの場所を設定します。
メニューの「TeXShop」>「環境設定」でTeXShop環境設定を表示します。

TeXShop環境設定

まず左下の設定プロファイルをpTeX(Shift JIS)に変更します。 その後、同じ画面内のエンコーディングをUnicode(UTF-8)に変更します。 TeXShop環境設定

次に内部設定に移動し、 パス設定(pdf)TeXを

/usr/local/bin
    ↓
/usr/texbin

に変更します。 TeX + dvips + distiller内のTexを

~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-sjis
    ↓
~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-utf8

LaTeXを

~/Library/TeXShop/bin/platex2pdf-sjis
    ↓
~/Library/TeXShop/bin/platex2pdf-utf8

に変更します。 BibTeXエンジンが

pbibtex

になっているのを確認します。なってなければ変更します。 これで基本的な設定は終了です。

簡単な使い方

TeXファイルを開き、ウィンドウのタイプセットをクリックすることでコンパイルされPDFが出力されます。簡単です。

BibTeXを使いたい場合は、メニューの「タイプセット」>「BibTeX」を選択することでコンパイルできます。一回では意図したPDFができないと思うので、LaTeX→BibTeX→LaTeXと3回やることで意図したPDFが生成されるはずです。BibTeXを更新しない場合はそれ以後LaTeX1回で問題ありません。

本格的な使い方

TeX自体のフォーマットや書き方は、自分では語りきれないので書籍や奥村先生のサイトを観てください。

TeX Wiki


“MacでLaTeX – TeXShopとMacTeX2011編” への 4 件のフィードバック

  1. こちらの記事を参考にtexの設定を行っております。
    エンコードをshift-jisで設定したのですが(2010編のコメントを参考)、タイプセットをすると、
    (Fatal format file error; I’m stymied)
    このようなエラーが出てしまうのですがどうしたらよいのでしょうか?
    windowsとmacを併用したいためshift-jisで行いたいと思っておりま。
    ご教授お願いいたします。

  2. > stkさん

    Shift-jisで行う場合もMacTeX2011では2010の時のスクリプトファイルでは動作しません。
    下記のzipを展開してできたファイルを~/Library/TeXShop/bin (ホーム>ライブラリ>TeXShop>bin)に上書きコピーしてみてください。

    http://blog.cyclogy.com/wp/upload/2012/02/TeXShop2011_sjis.zip

    あとは同様な手順で行えばTeXが出来るはずです。

  3. ありがとうございます。
    動作しました。
    大変助かりました。

  4. 参考にさせていただいて動作しました。大変助かりました。ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。