gitとsubversionのコマンド対応表

備忘録がわりにいつも忘れてしまうgit(git-svn)とsubversionのコマンドの対応表をまとめました。

コマンド対比表

subversion git git-svn
更新 svn update git pull git svn rebase
コミット svn commit git add → git commit
git commit -a
(gitコミット後)
git svn dcommit
git push <url>
追加 svn add <file> git add
削除 svn rm <file> git rm <file>
移動 svn mv <file> git mv <file>
変更取り消し svn revert <file> git checkout <file>
ログ svn log git log
差分 svn diff git diff
スイッチ svn switch <url> git checkout <branch>
チェックアウト svn checkout <url> . git clone <url> . git svn clone <url> .
状態 svn status git status
ブランチ作成 svn copy <url> <url> git branch <branch> git svn branch <branch>
タグ作成 svn copy <url> <url> git tag <tag> git svn tag <tag>
マージ svn merge -r <rev1>:<rev2> <url> git merge <branch>

忘れやすいgitコマンド

git reset –soft HEAD^
変更点をそのままに最新コミットを取り消す。HEAD^^すると最新から2つ前まで戻る。softは変更したファイルをそのままにコミットした事実を取り消す。hardにすると、変更したファイルも取り消してもとに戻す。
git revert
revまでコミットした状態をもとに戻す。作業履歴に残る
git stash
変更点を一時的に退避する。変更点が未コミット時にgit-svn rebaseするときなどに便利
git stash pop / git stash drop / git stash list
一時退避した変更点を適応しリストから外す・変更点をなかった事にする・変更点のリストを表示する。
git gc
リポジトリの最適化


こちらにも知っていると便利なgitコマンドをまとめました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。