AppleTVの雑感

2ndGenのAppleTVを購入してからはや1ヶ月たち、使ってみての雑感をまとめてみた。

まずは…

Apple Apple TV MC572J/A
Apple Apple TV MC572J/A

posted with amazlet at 10.12.31
アップル (2010-11-11)
売り上げランキング: 93

なんと言ってもこの小ささ。手にすっぽり入る大きさは無駄が多い日本製品と比べてすごく好感が持てる。
端子もHDMIと光オーディオ出力、イーサーネット、電源だけとシンプル。無線LANもb/g/nと十分。

ちなみにHDMIや光オーディオケーブルは量販店でも割と高いのでAmazonがかなりおすすめ。
コードも柔らかいし取り回しも問題なし。クオリティ的にも量販店で売っているものと同じで、Amazonのレビューにあるような問題もありませんでした。

自分はHDMIの口が足りなかったので、セレクタを購入。半額以下の3000円だし自動切り替えに対応して便利。
PS3との切り替えに使ってます。

PLANEX ゲーム機対応HDMIセレクタ 入力4/出力1 (HDMI Ver.1.3b、HDCP) HDMI-SW0401
プラネックス (2009-09-17)
売り上げランキング: 150

AppleTVは簡単

端子が少ない分接続は簡単。最小構成は電源とHDMI+無線LANでOK。うちでは、オーディオの関係と動画ロード時間を考えて有線LANをつないでます。
設定も言語選択して、Apple IDを指定するだけ、簡単です。

iPhone/iPadのremoteアプリが便利。
リモコンによる文字入力は面倒だけれども、iPhoneからの入力は楽々、フリック入力万歳。すっかり付属のリモコンは使わなくなってしまった。

AirPlayは便利

AirPlayはすごく便利。
iTunesの外部再生するための選択肢がAirMac Express一択だったのにAppleTVが仲間入りというイメージ。
もちろんため込んできた音楽をオーディオとしてだけでなく、映像も見られるのはうれしい。
DLNAサーバーとか難しいこと考えずにライブラリにアクセスできることが楽。

そして一番気に入っているのは、外でiPhoneで音楽を聴きながら帰ってきて、そのままAirPlayで家のオーディオへ聴いている曲を飛ばせること。ケーブルをつなげず、PCを立ち上げず、AppleTVの電源を入れずにWifiだけ認識するだけで使える、この感覚はすごくシームレスだ。音楽を持ち歩いているという実感が湧く。

Youtubeがいい

テレビで観られるYoutubeのHD画質はよすぎる。ちゃんとしたエンターテイメントとして楽しめる感じ。
ただプレイリストがないのでそれが残念。あればPVとか演奏とかをプレイリストかしてかけっぱなしにするのに。
あとは、ustreamに対応して欲しい。最近は宇多田のコンサートなどライブ中継も活発なので一気に利用度が増すはず。

肝心のVODは…

どのVOD(Video On Demand)でもそうだけど、ボタン一つで観たい映像が見られるのはすごい便利。
延滞料もないし、レンタルの返却の手間もないので、特に寒い冬には家からでたからない自分にはもってこいだ。

懸念していたダウンロードが早く、ダウンロード中でも再生可能なのがよい。
ただ、iPhoneやiPadで再生するにはAppleTVじゃなくてiTunesでダウンロードしないとだめな点が残念。

しかし、コンテンツ数が少なく、若干高い。
PS3(PlayStationNetwork)やDMM、アクトビラと他に比べてコンテンツ数は圧倒的に少ない。
映画も少ないし、映画以外のTVドラマとかが日本ではまだない。予告編は日本のものがみられないのが残念だ。
TSUTAYAの100円レンタルや半額とかに比べるとレンタル代金も高い。

それに名作やすでに回収が終わった古いコンテンツに関しても100円からなどにしてくれると、もっと裾の尾が広がってよいと思う。NHKオンデマンドあたりと提携してもらえると最強なのだけど。

ラインナップは今後に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。