homebrewで快適Mac開発環境

開発で何かと必要なライブラリやソフトウェアを入れるときにパッケージシステムとしてMacPortsを使っていました。依存関係もきっちり解決して/opt/以下に別途入れてくれるなど、とても便利だったのです。

しかし、欠点としてMacにデフォルトに入っているプログラムも再度コンパイルしてしまうところがあり、使いたいプログラムがあったもインストールコマンドを打ってからしばらく放置する必要がありました。

そこで、できるだけMacにあるプログラムやライブラリを利用するパッケージシステムであるhomebrewを使ってみることしました。

以前にXcodeのインストールが必要です。
Apple Developerからダウンロードしてインストールしてください。

homebrewのインストールは簡単で、ターミナルから以下のコマンドを実行してください。

ruby -e "$(curl -fsSLk https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

homebrewでインストールするプログラムのシンボリックリンクが張られる/usr/local/bin/にPATHを通してください。

export PATH=/usr/local/bin:$PATH

あとは好きなプログラムをインストールするだけです。

インストール
$ brew install hoge

アンインストール
$ brew remove hoge

プログラム情報・インストール状態
$ brew info hoge

プログラム検索
$ brew search hoge

プログラムリストのアップデート
$ brew update

インストール済みプログラムのアップグレード
$ brew upgrade

プログラムのインストールやアップグレードの前にはリストのアップデートを実行してください。

homebrewでプログラムのインストールが早くなり、MacBookもあつくならず、ディスクも節約できいいことずくめです。
ちなみにインストールスクリプトであるFormulaはrubyで書かれていて、パッケージ登録されていないものの簡単に管理対象にすることができそうです。

XcodeによるObjective-C入門
XcodeによるObjective-C入門

posted with amazlet at 10.12.31
大津 真
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 1800

“homebrewで快適Mac開発環境” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。