jrubyからneticaを使う方法

ベイジアンネットワークでモデル構築できるneticaをjruby上から使う方法まとめました。

ruby用のバインディングを書けばいいのですが、そこまでではないのでjrubyを利用して、rubyコード上でneticaJを呼び出しneticaを利用します。
そもそもneticaをjruby上で利用するなんて奇特な人はあまりいないと思いますが、自分周辺のための備忘録です。

自分の環境がMacOSなのでそれを中心的に書いていきます。 Windowsでも動作確認はしています。

必要なもの

jruby
これがなければ始まりません
neticaJ
neticaをJavaで使うためのライブラリ
webget_netica
neticaJを簡単に使うためのgemライブラリ

“jrubyからneticaを使う方法”の続きを読む

homebrewで快適Mac開発環境

開発で何かと必要なライブラリやソフトウェアを入れるときにパッケージシステムとしてMacPortsを使っていました。依存関係もきっちり解決して/opt/以下に別途入れてくれるなど、とても便利だったのです。

しかし、欠点としてMacにデフォルトに入っているプログラムも再度コンパイルしてしまうところがあり、使いたいプログラムがあったもインストールコマンドを打ってからしばらく放置する必要がありました。

そこで、できるだけMacにあるプログラムやライブラリを利用するパッケージシステムであるhomebrewを使ってみることしました。

“homebrewで快適Mac開発環境”の続きを読む