switch mac 環境移行編

WindowsからMacに移行である。Macにswitchする決意をしたのが現在使っているソフト自体がすでにWindowsとMac間差異がなくなっているためです。

以下、入れたソフトの対応表です。

ブラウザ
Firefox
準拠度が高いのはFirefoxだし、safariは表示が崩れすぎる・・・。

メーラー
Thunderbird
Mailでもよかったのだけど、移行の問題でThunderbirdで。詳しくはそれぞれ別エントリーで。

FTP/FTPS/SFTPクライアント
FFFTP&SmartFTP&WinSCP→Cyberduck
Fuguも選択肢にあったのだけど、Universal化されてないのでCyberduck

SSHクライアント
PuTTy→iTerm
ターミナルでもログインできるので本来は問題ないのだけど、日本語対応が弱いのとiTermのBookmarkで一々SSH 〜とうたなくていいので、後タブを使ってみたい。

ランチャー
bluewind→QuickSilver
bluewindはコマンドランチャーでアプリケーションにコマンドを割り当てておき、表示されるテキストボックスにそのコマンドを入れるとアプリを立ち上げてくれるもの。特にこのbluewindはオートコンプリートが効くので便利でした。それにも増してQuickSilverはかなりいい。bluewindと違ってコマンドを登録する必要がない。まだアクションを使いこなせてないけど、もっとたくさんのことができそう。

テキストエディタ
EmEditor→mi
エディタは選別に難航中。miがいいと聞くけど、正直windowsの方の各エディタの方が使いやすい。miの機能的に弱い感じもする。まだ探索中。
多分Macの仕様なのだとおもうけど、関連づけしていないファイルをドラッグ&ドロップで開けないのいただけないのだよな。

総合開発環境
eclipse+aptana+phpeclipse+subclipse
これはかえる訳はないw これがないと仕事になりません。

ムービープレイヤー
WMC→VLC
WMCのシンプルなインターフェースが好きだったので、似たのを探したのですがないのでVLCに落ち着いた感じ。

あとは新規にMac用に入れたソフト

growl
通知ソフト。各アプリに何かが起きたときにポップアップで通知してくれる。

growltunes(growl本体にバインド)
前述の通知ソフトのiTunesプラグイン。

LivedoorReaderMenu
前述の通知ソフト対応のLivedoorReaderのNotifier

Google Notifier+Gmail+Growl Utility
Google謹製のgmailとgoogleカレンダーのNotifierにgrowl通知のトッピングをつけて。

SSHKeychain
puttyでいうpageant。公開鍵利用時に自動ログインしてくれるソフト。これはさらによくてキーチェーンと連動して、パスワードフリーでSSHを使えるようになる。

StuffIt Expander.app
sit解凍のために。

JapaneseText.mdimporter
Unlocalize.mdimporter

spotlight用プラグイン。前者はSJISとUTF-8以外の日本語を検索できるようにするもの。後者は日本語化される前のアプリケーション名で検索できるようにするもの(テキストエディタ→texteditor)。

現状ではこんな感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。